教職の単位を3つ落として感じた多動力の限界

タイトル書くだけでも辛いねぇ〜〜

ども、etoです。

昨年度の話だけどさ。

いやぁやらかしましたeto君。

じっくり書いていきますよ。

何落としたの!!!!???ねぇねぇ!!!!

教科教育法(理科1)・教育制度論・教育方法論1

無事落単です。

チキショー。

特に教科教育法 (理科1)はね、教育実習に必要な単位だったん。

ん??あれ?そしたら

 で言ってた岩見沢農業高校への実習は……?????

・・・・・・

お釈迦になりました。

釈迦釈迦~~~~

短所を醜いと感じて努力する…けれど?

レポート・試験どちらもあったんですけれども

これは、単位きましたわ。

確信していたんだよ。って。

それなりに勉強もいつも通りしたし。

と思っていたがしてなかったようである

醜いですねぇ言い訳ばかりだわ。

思えば高専2年生の時に落とした高先生の

なんだっけ、アナログ回路だっけか。

単位きたわ……

つって再試だったけかな。

これです。これこれこれ。

この非常に醜い気持ち。

私を成長させてきたのは常にこの醜い気持ち。

普通の人はできるのに、自分ができない(=短所)

これを解決するために頑張る。

できるようになる。嬉しい。

これはいつものこと。

今回は事情が少し違う。

この時間を研究に当てたいと考えているから。

科研費(基盤S)のラボで取り組むスピントロニクスの楽しさ

私はヤバイと言われるものやことに身を投じる癖がある(っぽい )

前のボス「磁性はねぇ、難しいよ、eto君。無難に大学院過ごしたいならやめときな~」

すまん………ラボの磁性担当になってもうた……

共同研究先の特任准教「電材(弊ラボ略称)の微細加工プロセス担当はやること多いよね~~」

すまん………ラボのプロセス担当になってもうた……

けどな。

けどな。

設備いっぱい人いっぱいなんだわっっっっっ

その元凶が科研費(基盤S)

科研費の採択区分は、若手研究・基盤研究・それ以上

があるんだけど

若手以外の多くの研究者は基盤研究から、科研費をGETする。

(それ以上、のやつはノーベル賞級の研究者)

基盤Sは、基盤研究の最上位の研究区分なので

ノーベル賞級一歩手前のとこです。

だからさ、金がヤベェのよ。

そして人もヤバイ。

技術職員1助教1(准教1)教授1

追記:記事公開前に助教が准教になりました。ヤベェ。

D3 1, M2 8, M1 2, B4 3

いっぱい。

高専の時とは比較にならない。

だから金も人もあるしいる。

なんで研究結果の上がるスピードが速い。

Aじゃね?AっぽいBでした

までのスピードが速い。

本当に研究が面白くて教職課程履修をやめるのか?

これはね、僕の長所の裏返しなんですわ。

私は興味が拡散している人。

これは間違いない。etoの特性。

この特性が実生活の中でどのような状況を生むか。

うまくいっている時は、よりうまく行くように興味が向く。

けれどうまくいかなくなった時、うまく行くように興味が向かない。

違う何かに興味が移ってしまう。

これはね、子どもだと思う。

思う。

客観視する自分はそう言うので

直していきたい。

こんな人誰も採用したくないもんねぇ

与えた課題に対してつまづいたら課題やらなくなる従業員なんて。

直すぜほんとこれ。

…社長だったら案外いいのかもね。

まぁ

とりまですよ。

普通の人が多動力をつけると選択肢が「見え、逃げる方法が思いついてしまう」

見えてしまう。

目の前の課題に取り組まずに、批判されない方法が見えてしまう。

そして楽な方楽な方と流されると

見えてしまった選択肢に飛びついてしまう。

そんな経験ないだろうか。

私は生涯この方法が楽だと、骨身に染み付いてしまっているから

言語化できるけれど。

いやはや言語化できることは必ずしも良い側面ばかりではないね

でもまだ。思いつく対策がないわけではない。

それは「選択肢を絞る努力をする」。

選択肢が見えてしまう、を

バイアスなしに事実だけ書けば

選択肢が見える

わけだ。選択肢を見つける能力がある。

これ自体に非はない。むしろ良いことだ。

問題は選択肢の選び方にあるはず。

せっかく見つけた選択肢も本能的な選択になってしまう。

まとめ

教職課程の単位を3つ落とし

教育実習さえの機会も落としてしまったけれど

原因の一つが

遂行困難となった選択肢から逃げるための

選択肢を見つけ選んでしまうこと。

これは楽な方に行こうとする本能的な側面が出ているからだと

思っている。

ならば理性的に考えて

見つけた選択肢を選ぶことでどのような

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です