僕の好きな音楽

記事を書くとき,勉強するとき,移動しているとき

僕はほぼ常に音楽を聞いている.

聞くジャンルは様々で

HouseからJ-POP,Kawaii EDMまで幅広く聞く.

メジャーどこからドマイナーなところまで

EDMとPOPに分けて書いていく.

暇なら見てね(ジャンル名はかなり適当だ.許せ.)

EDM系

EDMとは

主にクラブにおいて、人々を踊らせるためのミュージック wikiより

で,そのまま「いーでぃーえむ」と呼びます.

このジャンルのいいところは

  • 構成が全て同じなので、初めて聞く曲でもノれる
  • 曲に歌詞があまりないため,作業に集中できる

ですね.

なかなかおもしろいジャンルです.

さて,色々語っていこう.

House music

今一番俺の中でアツいジャンル.

まず、Houseを語る上で聞いておきたいのは

何と言ってもOliver  Heldensでしょう.

Oliver Heldensの特徴はこのベース音!

聞けば聞くほど味が出る,麻薬的なベースが大好きでしてね

どんなアーティストの曲聞いても結局ここに来ちゃうんだよねぇ~~~~~

好き(挨拶).

夏にはUltraFesに行って,会いに行ってくる予定です.

待ちきれねぇ~!!!!

それとMerk&Kremontは入れておきたい

この曲は最初聞いたときには

「え,あ,そ~いうサビね.う~~~~~~~~~ん好き」

と独り昇天した記憶がある.

彼らの音,特に低音の使い方は大変にウマい.是非.

(後本当はMestoとBrooksとJohn VetterとLucas&SteveとPep&Rushと

Mike WilliamsとAu5も入れたかった)

Dubstep

こちらは昔からあるEDMの王道でHardwellやTiestoなど

名だたる巨人が居座る魔響の森であります.

そんな中で異彩を放つこの人

Dyroです.

こいつぁね,神経にビビッと来たね.

乾いたスネア,耳に容赦のないリード.

オシャレビルドなんていらねぇ!!!!早く!!!はやく!!!

サビを~~~~~~~!!!!!!!!!!

いいぞbbb

 

次,紹介しますのはFlorian Picaso

彼は打って変わって王道EDMであるが

曲全体から感じる圧倒的未来感と

サビに魅せるフィルターマシマシパフォーマンスは

ありそうでない,独自のキレを魅せる.

変化球に飽きたときに聞きたい1曲だ.

POP系

と言いながらやっぱり電子音は絡んでくる.

ピコピコに飽きてたらここでブラウザバックしよう.

J-POP

まずはやっぱりサンボマスターでしょう.

のCMで世界を変えたそうにしているのがサンボマスターです.

どうですかこの体裁を気にしない魂の叫び.

沈んだ心を上向きに.頑張らなきゃいけないときによく聞く.

そしてもう一グループ

夜の本気ダンスだ.

これも好きで,重そうなタイトルと反対の

キャッチーな曲調が特徴.

オールラウンドな感じで、ラフでありたいときによく聞く

後はポルカドットスティングレイゲスの極みなどをよく聞く

Kawaii EDM

このジャンルを紹介するならSnail’s Houseを紹介しなければいけません

さっきのドゥンドゥンしてたのよりかは

聞きやすいと思う.とてもKawaii.

いいことがあった直後に聞くと

とてもいいきぶんになります(合法)

ボカロ

これもよく聞くね~~中学あたりからずっと聞いてるわ

挙げればきりがないけどあえて!!!

あえて挙げるならTaskでしょう.

何でしょうね,この方は.

センスの塊なんですよこの人.他の曲も聞きますとね

GUMI(歌ってるの)の使い方をよぉぉっぉぉぉおおく

分かってらっしゃて,その上で!!!

曲作りがうまい.良き!!!!!!!!!!!

そしてもう一人,春野さんです.

先程とは打って変わってゆったりな感じ.

私ねぇ春野さんのこのEDMとPOPを組み合わせた感じ

だっっっっっっっい好きなんすよ.

あと,あのスイングな.頭持ってかれそうになるあれな.

最高な.

あとはYuunosukeとぽわぽわP,n-buna,有機酸,mi8kあたりが好きですねぇ

 

まとめ

おんがくはとてもいいよ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です