ZakuZaku流 勉強のモチベーションを保つ方法

どうも、ZakuZakuです.

今日は僕が編入試験で

モチベーション維持に

使った方法を紹介します.

定期試験対策や受験勉強の肝である勉強は億劫なものです.

長い時間,同じことを,何回も考えなくてはいけません.

辛くて嫌なものだと思います .

そこで今回は,そんな勉強を楽しく,集中して,長く続けられるコツを

伝授していきたいと思います.

アウトプットの種類を増やす

勉強は,

教科書などで知識をインプットし

演習で知識をアウトプットする

の繰り返しです.

繰り返しというのは人間,飽きてしまう.

これは仕方がない.ここを変えようと思っても

厳しい.

そこで私はバインダーとホワイトボードを買いました.

バインダーは机以外の布団の上や立ちながら

計算ができるよう

ホワイトボードは紙以外のもので計算ができるよう

買った.

これで勉強をなるべく続けるようにした.

罫線入りノートは使うな

罫線ノートに恨みはないが

あの罫線.毎回文字の大きさが矯正されてしまう.

無理.よくみんな使い続けられるな.

小さく書きたいときも,大きく書きたいときだってあるだろうに.

自分はこのことに気づいてから

個人で使う過去問演習等は

全てA4の裏紙を使うことにした.

これがとてもいいのですよ.

何にも縛られずに自由に解答を書けるのは.

「いや,そんな裏紙ねーよ」と思うかもだが

ホーマックに売っている.Amazonにも売っている.

また釧路高専生は,松崎教員室前と池田教員室前に

裏紙があるから大いに使っていこう.

弱点をまとめた紙を作ろう

試験において,大事なことは

凡ミスをしないことです.

いくら理解してても,

表記,桁,漢字

そんなことで合格を落としてしまう人もいます.

そうはならないように、自分は

弱点をまとめた紙を作りました。

こんな感じのものです.

ちょっと見づらいかもなので

一部拡大したものを示します.

見て分かる通り

極めて常識的なことを書いている.

試験まで時間もなかったため

特効薬的にこれに書いて

空き時間に見た.

あと,人には見せなかった.

見せないことによって,自分が

正直に弱点を晒すことができた.

参考にして欲しい.

普段の生活リズムを崩さない

モチベーションを保つのに

大事なことの一つに

勉強以外の日常生活をなるべく続ける

がある.

僕は人が興味を持つ瞬間というのは

ものや人と比較したときに

起こるものだと思います.

特に受験は勉強のみの

興味を持続的に引き出し続ける必要があります.

つまり,勉強以外は比較しても意味がないように日常と同じくすれば

自然と面白さを勉強に求めていくだろう.

というのを根拠にしています.

逃げ場を複数,見つけよう

イメージとしては駆け込み寺や懺悔室だろうか.

我々は人間だ.しかも若い.

すぐにいやになって,受験勉強なんて!!

と思ってしまうだろう.

いいんです,思ってもいいんです.

誰しも必ず一回は思ってるから.

大事なのは,その後.

気持ちの整理をして

また,勉強に打ち込めるかどうかだ.

「気持ちの整理に」逃げ込むのは有効な手段だ.

自分はこんな逃げ場を見つけた.

WorldOfTanksを逃げ場にした

WorldOfTanks とは

https://worldoftanks.asia/ja/

にある通りパソコンゲームだ.

戦車を動かしてずどーんばこーんする.

このゲームのいいところは

マッチングが早くて一戦が10分程度しかない

のがいい.

のめり込む前に一戦だけ!

と,止められる

電話を逃げ場にした

電話を愛でるわけではない.

信頼できる友人に相談にのってもらうのだ.

話す,というのはとても不思議で

苦しい原因を聞いてもらうだけで

心が軽くなって

また勉強頑張ろうと,思えてくるのです.

相手の都合などは

考える必要はあるが

一番効果的だったと思う.

バイトを逃げ場にした

バイトは家庭教師をしているのだが

実は5年の4月に始めた.

編入勉強真っ盛りの時期だが始めた.

というのも,僕は4年末期までは

平日は学校に夜遅くまで残るが

休日は勉強もするが、休息も兼ねる

を続けていた.

しかし,これでは受からない.

演習,知識不足は明確だからだ.

何かしなければと思った.

そこで,休日の休息を勉強に充てることにして

無くした休息は,休日のバイトで強制的に外出するときに

外食,図書館,カフェ巡りで

得ようと決めた.

結果的に,これは成功だった.

バイトを始めて

勉強から逃げることができたから

長く集中して勉強ができるようになった.

 

(ちなみに上で書いた「日常生活を崩さない」は

本文にある通り,なるべく

である.自分が辛くないのが

一番)

まとめ

こんだけ言っといてなんだ

って感じですが

参考程度にしておいて下さいね

このやり方でモチベが出ないからといって

卑下することはありません.

自分に合うようアレンジして

うまく自分をコントロールしていきましょう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です