陰キャ旧帝大生が1日だけホストになってきた話

なかなか夏らしくない日が続きます.

昨日なんか初雪ですってね.大雪山の方.すんげぇな.

どうもetoです.

今回はひょんなことからホストになってしまった話を書いていきます.

すごい世界でした..(語彙力)

じゃあ書いていきます.

きっかけは同級生との飲み会

その日は北大のコース主催の企業見学

懇親会(という名の教授と飲み会)

があった.

懇親会はなんとアルコールが出て参加費無料だという.

 

まぁ企業見学も

製造業なのに私服で工場作業OKな企業だったり

さくらインターネットのCEOに案内してもらったり

自分が思っていた100000倍は面白かったんですけど.

 

ここでは書かない.

企業見学が終わり

いざ懇親会です.

 

もうね,楽しくて楽しくて.

教授とお喋りして,学術論議に花を咲かしたり

ウザがらみ(まじですまん)して新しい友達できたり

自分の中で最高な気分だったのです.

 

だから,2次会で,ホストの話を聞いた時も

悪い気がしなかったのであります.

勤務時間3時間!!報酬5000円!!!

話を聞いたのはこうた君(超仮称).

ホスト業を始めて4か月.クラブのバースデイイベントを間近に控えてウキウキしていた.

彼から聞いた体験内容はこんな感じ

  • 夜20:00-23:00
  • 報酬5000円
  • 最初の1時間半はお客としてホストと喋る
  • 最後の30分だけ実際のお客様のところに着く

いやいやいや良すぎっしょ.これは怪しいほかないでしょ.

3時間で5000円とかマジかい.

時給換算1700円ですよ.

これは個人情報を抜き取られてやばいやーつになるんでしょう???

ぼく知ってるもーーーーーん!!!

 

しかし,ここはホスト.

抜け目がない.

  • 個人情報の抜き取りとかはしてないよ
  • 全国展開してるから,そういう犯罪やっちゃうと他店に迷惑かかる
  • だから,キャッチもやってないよ

なるほど.確かに個人経営だと好き放題できるけど

グループ経営ならそうはいかないって話か.

ふむ.

夜の世界にもいろいろあるのか...

 

これは偏見で終わらせてしまうには

もったいない.

かもしれない.

 

意外に打算で生きている,

というわけでもなさそう.

 

迷ったらとりあえず動いてみるのが信条のeto.

ここはいくしかない.

強烈な出迎え,それはシャンパンコールラッシュ.

当日.

服装だけはそれっぽい服装にしてみたが

もう緊張でがちがちである.

 

彼女とテレビ電話もしたんだけど

会話は途切れ途切れになるし

顔はこわばってるらしく,何度も爆笑されるし.

あの時の自分はetoというより棒に近かった.

ちなみに彼女はこの1日体験に行くことを知っている.快諾である.

ありがたい限りでありますマジで.

 

約束の時間.

紹介してくれたこうた君と

待ち合わせて,クラブの入居するビルまで歩き

エレベーターに乗った.

 

「あぁぁぁぁぁ~~~~~~~ホストか~~~~~~~~~できんのか自分~~~~~~~あぁぁぁぁぁ~~~~~~」

あの時,エレベーターでの一瞬の静寂は

めちゃめちゃ長く感じた.

 

ドアが開いた.

聞こえてきた.

 

アーノーンデノーンデノンデシャンパンアケチャウーサンハイウオーーー

 

おーーーーーーーー!!!!来ちゃったぞ~!!!

ホストクラブ~!!!!!!!!!!!!!!!!

 

この時間にそうあることではないらしいが

クラブのクの1ピクセルも知らない陰キャ旧帝大生である.

怖すぎる.

 

一緒にいたこうた君はさも当然かのように

  • タイムカード切ってくるね~

とか言うしさ~.

も~~~~~すれ違う人たちみんなスパゲッティだしさ~~~~

怖すぎる・・・あぁ・・・

 

なんて怯えてばかりいると

 

気づいたら荷物を持ってかれ

 

気づいたら強そうなホスト2人とお話をしていました.

 

 

ここからはもうあっという間でした.

 

 

イケメン兄さんえっこの名刺自分で作ったんすか!???

えっAdobe!????ぼぼぼっぼくもPremire少し使えますーー!!!

おおおーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!

あっ次のホストの方っ.あっよろしくお願いしますぅぅ~...

えっ同い年見えない見えない~ーーー””?????

そんな俺なんてもうおじさんっすよおーーー!!!!

あっお客さんのところ行くのまじふぇっ!!!・・

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 

 

 

自分自身,詳しいことは

あまり覚えていないけど

いくつか言えることはある.

結論1 お客の話を聞く時の目線が常にお客さんに向いている

色んなホストさんがいたけれど

これはマジ.

 

ずっと見てんの.こっち.

だから目見て話せないの.

 

緊張するやん!!!

何か何でも許しちゃいそうになるんですよ

しないのかな・・・・いやワイはするんです・・・

 

おかげでちょこんと下向きながら

Adobeの話してました.

 

でもこれ

自分の中にあった相手との壁がなくなっていく感じがあった.

初対面なのに.

初対面なのに!!!

 

普段なら無難な話題を選んで

無難に時間を過ごすんだけども

自分の好きなことを気兼ねなく

話せているような感覚になる.

 

すごい.すごい...

結論2 エチケット・マナーがしっかりしてる

一つ覚えた言葉があって

ダウンサービス

という言葉.

ホスト業ではこれを徹底しているらしい.

 

何かと言うと「目線をお客よりも低くして接客すること」

お客から負のイメージ(怖い,圧迫感)の持たれにくくするための

技だ.

 

ホストは一般にお客と1対1になることは稀だ.

必ずヘルプという別のホストがつく.

ヘルプの役目は,

メインのホストやお客のお酒を新しく作ったり

コップから滴った水滴を拭き取ったり,する

んですが

 

このヘルプ

結構な頻度で入れ替わるのですよ.

面白いよねこのシステム.

この際,お客は当然,初対面のホストにヘルプをしてもらうことがある.

いつも見知った人ばかりではない.

 

この際に,警戒されないように,ダウンサービスが使われる.

ヘルプに入る際,抜ける際,必ずグラスを持ち

「こちらお席の方よろしいですか?」

と座っているお客のお腹ぐらいの高さまで

低い姿勢であいさつをする.

 

他にもお酒をいただく際にはグラスの端ではなく

その少し下に当てて頂きますという.とか.

まぁ

色々あるけど

 

すごいのです.これに限らない.

つまり:ホストってアリよりのアリよりのアリよりのアリ

詳しくは書かなかったけれど

特段イケメンでも口上手でなくてもいいし

給料は最低限普通のバイト代ぐらいは出るし

 

 

自分が思っていた「下法の存在=ホスト」は

完全なる誤解でした.

 

安くないお金を払ってきてくれるお客さんに

最高のおもてなしを.

 

お客としてサービスをしてくれたホストさんが

口々に同様の意味の言葉を言っていた.

 

 

これ,プロとして働く多くの大人が

思っていることと同じことじゃないですか?

 

今まで無意味にホストを始めとした

夜の世界の人々を無意味に虐げていた自分が

悲しくなった.

まとめとちゅうい

彼女の反対があって

ホスト業を本業にはしません.

きっと家族にも反対されるし.

 

でも

1日体験はあと数回はできるので(許可済み)

時間と精神的体力があれば

やっていきたいなぁなんて

思ったり,思わなかったり.

 

最後に,1日体験ですが

お金がもらえるからって

無暗に色んなところに行くのはやめましょうね!

個人情報だけ抜き取られますからね!!!

最初に言いました

  • キャッチがない
  • 全国チェーン

をポイントにあらかじめホストの友達か

ホストに行ったことのある女友達からリサーチを受けてから

行くようにしましょーね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です