札幌HoloLens ミートアップ vol.3 ~秋編~に参加してきました!

どもーetoです!

今回はこちら

札幌HoloLens ミートアップ vol.3 ~秋編~

に行ってきました.(Webサイト)

 

初めてのIT系ミートアップイベントだったけども

楽しかったので,書いていきます.

 

あっ是非ミートアップで知り合った方々は

自己紹介とかこちらもどうぞ

きっかけは同級生からの紹介

実験で一緒になった友達から

「このイベント行かない!!!!?????」

って言われた.

 

前々日の夜に.

 

その日は昼間は何も予定がなかったから

行けることは行ける.

 

でもなぁ.お金がなぁ・・・

 

 

 

 

 

行くわ

VRの最先端を行くすごい人たちに会えた

てなわけで

勢いとノリだけで来てしまったHololensミートアップ.

Hololensという単語自体つい1週間前に

聞いた私でも

とっても楽しめた.

 

まず一つが,VRの最先端を行く人が間近にいたことです.

 

Hololensはいわゆる眼鏡型のデバイスなので

拡張現実やVRとの親和性が非常に高い.

したがって,Hololensに携わる人は

自然とVRなどに精通している人であることが多い.

 

今回のミートアップにも

バーチャルキャスト社長や

バーチャルミュージックフェス(紹介記事)の主催者

だったりVRのプロ(に近いことしている人々)がいっぱいいた.

 

またHololens以外にも

ノードベースツールを開発している方など

 

自分の知ってる領域の凄い人だったり

自分の知らない領域の凄い人だったり

凄い人だったり

凄い人だったりして

 

もう凄かったですね.

 

一般に人が発表するものって概して

かっこいいのだけれど

それが社会人であるから

もうそれはそれはかっこいいわけ.

 

自分が十年後ああなっていたらなぁと思う.

学生だけれど負けてられぜぇという気持ちになる

参加者のうち,2/3ぐらいは社会人で

しかもVRやHololensなどの

プロ,もしくは限りなく仕事に近いレベルのプロの方なんよ.

 

だから本当はそこに学生である私なんかは

恐れ多い感じなんだけど.

 

それは当たり前で.

これから,追い付けばいいんだと思う.

 

登壇してくださった皆様にも

学生時代があり,新人時代があったはずなんだ.

どれだけ効率的(戦略的)にキャリア形成及び

スキル形成していけば

皆様のようになれるはずなんだ.

 

そう信じる材料を今日は貰った.

活かしていく.

 

ありがとうございます.

まとめ 行くしかない(行くしかない)

札幌はバーチャルキャストのインフィニットループや

初音ミクのクリプトンフューチャーを始めとして

大手IT企業のオフショアが多くある.

 

なので,IT系イベントに参加すればそういった

人たちとの遭遇率が上がる.

すると,新しいアイデアやモチベーションが上がり

開発がはかどる.

 

悪いことはない,みんな,IT系イベントに行こう.

行こう!!!!!!!!!!!!(語彙なし)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です